嘉利がおすすめする「ゆの里」のお水

「月のしずく」は、高野山にほど近い和歌山県橋本市神野々(このの)に湧く「金水」と「銀水」と呼ばれる二つの天然水をブレンドしたものです。

専門家が「神野々周辺にはまったく水脈がない」と分析していたにも関わらず、昭和62年、50メートルの井戸を掘ったときに起こった地震をきっかけに、無菌の地下水「金水」が湧き出してきました。さらにその3年後、地下の固い岩盤を1187メートル掘削したところ、太古から岩盤の中に閉じ込められていた温泉水「銀水」を見つけることができました。

二つの水を使ったお風呂は人々に深い癒しの体験をもたらし、「銀水」を詰めたスプレーボトル「神秘の水・夢」には不思議なパワーがあると評判になりました。そしてまもなく、「銀水」を水道水で薄めて飲み水として使う人たちも現れました。そういう人たちの中から、「『銀水』を水道水で薄めるよりも、神野々に湧く無菌の地下水『金水』と混ぜてもらえたら…」という声が高まって、平成7年7月7日に誕生したのが「神秘の水・月のしずく」です。

健康にいい水として全国のファンから愛される「月のしずく」。大切なのは「量」より「継続」だと言われます。少量でも毎日続けて飲むことで、さまざまな喜びの体験がもたらされるようです。
オーガニック カフェ 嘉利では、この「月のしずく」を少しずつ使って、料理やお飲み物をお作りしています。また、店頭では「月のしずく」のほか、「神秘の水・夢」などのゆの里の商品を販売しており、通販でもお買い求めいただくことができます。

 

「月のしずく」などを販売するオーガニック カフェ 嘉利の通販サイトはこちら

 

ゆの里のホームページはこちら