ヴィーガンとは? What Is Vegan?

嘉利のヴィーガン食(ベジやきにく定食)
嘉利のヴィーガン食(ベジやきにく定食)

「ヴィーガン」は、肉や魚を食べないだけでなく、乳製品や卵、その他の動物由来のものを一切摂取しないスタイルのこと。
1944年にイギリスの平和活動家によって結成された「ヴィーガン協会」が、すでにあった「ベジタリアン」という概念をさらに進めて、すべての動物の苦しみに配慮した生活をすることを決め、自分たちを「ヴィーガン」と呼びました。
現在、ヴィーガンは、動物虐待につながるものの排除や、食事療法としてなど、さまざまな目的で実践されています。

嘉利マスターとママ・かな代は、10年以上前から肉を食べない生活を続けており、2013年春にヴィーガンになりました。ヴィーガン食は腸内環境を活性化して病気になりにくい体を作ることに加え、若々しさの持続や精神的な安定にも寄与すると実感しています。

アルベルト・アインシュタイン
アルベルト・アインシュタイン

「ヴィーガン」は、肉や魚を食べないだけでなく、乳製品や卵、その他の動物由来のものを一切摂らないスタイルのこと。1944年にイギリスの平和活動家によって結成された「ヴィーガン協会」が、すでにあったベジタリアンという概念をさらに進めて、すべての動物の苦しみに配慮した生活をすることを決め、自分たちをヴィーガンと呼びました。

現在、ヴィーガンは、動物虐待につながるものの排除や、食事療法としてなど、さまざまな目的で実践されています。

嘉利のマスターとかな代は、10年以上前から肉を食べない生活を続け、2013年春にヴィーガンになりました。ヴィーガン食は腸内環境を活性化して病気になりにくい体を作ることに加え、若々しさの持続や精神的な安定にも寄与すると実感しています。

アインシュタインはかつて、「菜食がもたらす情緒面での変化、並びに浄化は、人類に非常に多くの利益をもたらすと考えます。従って、菜食は人類にとって極めて幸多き、平和なことなのです。人類は菜食をすべきです」と語りました。

嘉利では、少しでも多くの人々が菜食やヴィーガンに関心を持ち、その良さを知っていただけるよう、店の内外で様々な活動を展開しています。